日本人は死ぬまでに5トンも排泄!目をそらせないうんちトリビア

  • LINEで送る
2015.07.04

shutterstock_274340522

便秘は女性にとって大きな悩み。 快便の秘訣が“食物繊維”と知ってはいても、完ぺきな食事は難しいものです。

そもそも、みなさんは、自分が一日に何グラムのうんちをするべきかご存知でしょうか。

今回ご紹介する一冊は、『あっと驚く科学の数字 最新宇宙論から生命の不思議まで』(数から科学を読む研究会著、講談社)。

数々のうんち的おもしろデータから、食物繊維の必要性と私たちが直面する健康危機について真剣に訴える内容。これを読めば明日から、食事の意識が変わるはずです。

■日本人は死ぬまでに5トンも排泄する

本書によると、健康な日本人が一日に排泄する糞便量は平均約200グラムなのだそうです。事実、仮設トイレは200グラム基準で設計されているのだとか。

80歳まで生きる仮定で、幼少期と高齢期の量を少なめに見積もり、日本人の糞便量は一生ではざっくり5トンと推算。中型トラック1台分なんですって!

しかし、戦前の日本人の糞便量は一日平均およそ400グラム。戦後70年で半分に激減しているそうです。

原因は食物繊維を摂らなくなったこと。戦前は一日平均30グラムを食べていたのに対し、現代人は15グラム程度。ちょっと驚きの数字ではありませんか?

1日に520グラムも排泄する人たちが!

また、本書で紹介されている世界の糞便量がすごい!

ケニアでは520グラム。マレーシア(地方)は477グラム、ウガンダ(農村)は470グラムと、おもにアフリカや農村地帯では快便という結果が。

一方、米国人はたった150グラム(いずれも成人の一日平均糞便量)。

アフリカの伝統的な食事には食物繊維が多く含まれており、米国人の高タンパク高脂質で食物繊維の少ない食事との糞便量の差は歴然。本書では、戦後日本の糞便量激減は、食生活の欧米化が原因であると指摘しています。

ちなみに、うんちに占める食物繊維の割合は、意外にもたった5%程度。60%以上は水分で残りは古い腸の粘膜組織や細胞、腸内細菌やその死骸なのだそう。

そうか、食物繊維は『激落ちくん』的なカス量とポジショニングなのですね。

■排泄に食物繊維が重要だとわかった経緯

いまでこそよく知られている食物繊維の働きですが、それまで不用物と考えられていた食物繊維の有用性を研究し、「食物繊維を忘れずに!」をモットーに普及活動を続けた人物がいます。

本書で紹介されている、アイルランド出身の外科医デニス・パーキット医師(1911~1993)がその人。食物繊維の第一人者です。

パーキット医師はウガンダにおける20年あまり診療のなかで、ウガンダ人が欧米人と比べて、肥満や胆石、大腸がん、痔などの疾患が少ないことに気づきました。

そして、彼らの糞便量が著しく多いことに着目。精製されない穀類や豆や野菜など繊維の多い食事に答えを見つけました。

他にも、パーキット医師の型破りな発表方法や着眼点の正しさなどが紹介されています。

それによると、日本人の食物繊維の目標摂取量は1日18グラム以上。健康な便通には20グラム程度が推奨され、24グラム以上の摂取で心筋梗塞による死亡率の低下が認められているそうです。

食物繊維が大事なことも、私たちに足りていないことにも気づいていたつもりでしたが、この本を読むと、その度合いが衝撃的で凍りつきます。

他にも日本人の腸への誤解などのトリビアが数字で紹介されていて、とても読みやすい知識本です。読後の食事には、ごぼうサラダを選びたくなってしまうかも。

(文/茶柱ズバ子)

 

【参考】

数から科学を読む研究会著(2015)『あっと驚く科学の数字 最新宇宙論から生命の不思議まで』講談社

関連記事