女性比率が20%未満!海外より女性の活躍少ない日本のIT業界

  • LINEで送る
2015.07.04

shutterstock_142916680

IT産業の発展は目覚しいものがありますが、人材不足が叫ばれている業界でもあります。

そんななか、女性に限ってこの産業を俯瞰して見てみた場合、どのようなことがわかるのでしょうか。

『TechTarget』の記事を参考にしながら、英国と日本の事情を比較してみました。

■IT産業の女性従業員数は下降の一途

英国委員会の業界調査によると、IT産業の女性割合は、2002年以降ずっと減少。2002年度は33%でしたが、2015年度は26%まで減っています。

他の産業での女性の従事割合は47%なので、かなり低いといえるでしょう。

日本の場合は、海外諸国にくらべると女性技術者の数はもっと少なくなります。

独立行政法人情報処理推進機構がIT関連業界団体に加入する企業を中心に行なった調査によると、全体の70%以上の企業で女性比率が20%未満という結果となりました。

もともと女性の割合が少ないとはいえ、IT業界での女性の管理職比率はさらに低く、実に49.2%の企業が「女性管理職はいない」と回答したということです。

■人材不足はビジネスチャンスも逃す

また、人材不足によって、雇用者の40%がビジネスを失ったことがレポートで明らかになりました。

この問題については、「早急に対応の必要がある」と英国政府も考えています。現に、英国IT産業経済相エド・ヴェイジー氏は次のように発言。

「IT産業は英国で最も重要かつ成功した産業です。しかし持続発展可能な産業にするためには、次世代の人々にスキルを伝承し教育していかなければなりません。若い女性にも積極的に技術を伝承していく必要があります」

また、イギリスのIT系人材企業The Tech Partnershipのディレクター、カレン・プライス氏は、女性技術者を増やすためには教育の現場が変わるべきだと述べています。

「IT産業の女性従事者が減少していることは非常に残念です。ビジネスチャンスも成功もIT産業にあるということを、世の女性にも知ってもらいたいです。

そのためには、若年齢の段階から教育していくことが重要でしょう。実際、我々のプログラムは10~14歳の女の子に対し、学校後のクラブでコンピュータースキルとIT技術を身につけさせようとしています。

2022年には、いま教えている女の子たちが研究を進めるなり、仕事を選択する日がくるでしょう。彼女たちがテクニカルな技術の重要性を理解した上で、選択する場まで誘導できるかが大切です」

日本でも小学生からプログラミングに触れる機会が増えていますが、どうしても男の子のイメージが強いですよね。

女の子も気軽に触れられるようにするには、教育現場の意識改革が必要となりそうです。

■IT産業は男性社会にしてはならない

ちなみに、子供がプログラミングを楽しく学べるゲームの会社Code KingdomsのCEO、ロス・ターゲット氏もカレン氏と同じような主張をしています。

「IT産業へのキャリアパスを選ぶ女性の数を増やします。決して男性だけの産業ではないことを広く認知させる必要があります。性別を問わず、できるだけ多くの子どもたちが小さなころから学校の教室でテクノロジーやIT産業の基礎となる技術に触れられる機会をつくるべきなのです」

“理系女子”という言葉が生まれるほど、これまで理系は男性色が強すぎました。しかし、これからは男性のものだけではないという風潮をつくっていかないといけませんね。

ちなみに、冒頭でも取り上げた独立行政法人情報処理推進機構の調査で、「IT業界は他業種と 比較して女性が活躍している」という項目に対して、「あてはまる」と答えた人は過半数を超えています。

IT業界は欧米寄りの考え方を持つ企業も多く、ダイバーシティの取り組みを推進する日本のIT企業も増加中。

女性の社会進出は、IT産業こそ早急に対応すべきキャリアパスではないでしょうか。

初等教育で英語は必須教科となりましたが、技術に関してはまだまだ追いついていません。イギリスのように、学校と放課後のクラブの連携もひとつのアイデア。

このように幼少の頃からテクニカルなスキルを身につけるチャンスや、女性のIT産業へのイメージの変化への働きかけをしていく必要があるでしょう。

(文/和洲太郎)

 

【参考】

Number of women in digital drops to 26%-TechTarget

専門性の高い女性の労働力を生かす-Spring Professional Japan

「IT人材白書2015」 概要-独立行政法人情報処理推進機構

プログラミング教育は「稼げない」イメージと戦え-Take IT Easy

関連記事