不眠も改善する!22時以降は食事をしない方がいい科学的な理由

  • LINEで送る
2015.07.13

shutterstock_97203482

残業していると、ついつい夜に食事を摂ってしまいますよね。でもそれは、「太る」以外の理由でやめた方がいいそうです。

ペンシルベニア大学のペレルマン医学部が、深夜の食事を減らすことで、不眠の改善や睡眠の質の向上が見込めるとの研究結果を発表したことがその理由。

この詳細を知ると、「夜食はやめよう」と心の底から思えるようになりますよ。

■深夜は水だけの方がパフォーマンス向上する!

この研究によってわかったのは、夜間に摂取するカロリーを控えると、睡眠中に神経行動が低下する原因の一部を防止できるということ。

研究では、21歳から50歳まで44人の被験者に、飲食物が無制限に摂れる環境を与えました。3日目の夜までは、被験者の睡眠は4時間。4日目の夜に、以下の2つのグループに分けました。

(1)24人:午後10時からの飲食物を水だけに制限

(2)20人:今までと同じ特に制限のない状態

毎晩午前2時に、彼らの作業メモリ・認知スキル・眠さ・ストレスレベルや気分を判断するために、すべての被験者にさまざまなテストを受けてもらいました。

4日目の夜に飲食物を水だけに制限した被験者24人は、反応時間と注意力に関してよりよいパフォーマンスを発揮しました。

一方、いままでどおり飲食物が無制限に摂れる環境だった20人は、24人にくらべると反応時間が遅かったのです。3日目の夜までとくらべても、明らかにパフォーマンスの低下が見られたといいます。

■夜食はダイエットだけでなく睡眠の質にも影響

不眠や睡眠に関して、米国では約5,000万~7,000万人が悩んでいるといいます。また日本でも同様で、慢性的に不眠や睡眠について苦しんでいる人は全体の4割にも相当します。

この新しい研究結果によって、深夜に摂取する食べ物はダイエットだけではなく睡眠にも影響することが判明しました。

就寝時間が遅く、慢性的に不眠の症状を持つ人は、夜間に食べものを摂取することによって、より体重増加に影響されやすいこともわかりました。

また、国立衛生研究所の研究によると、特にアフリカ系アメリカ人の男性において、短時間睡眠は体重増加と肥満の危険因子となるとのこと。

深夜に摂取するカロリーを減らせば、深夜の間に消費されるべきカロリーの数を減らすことができ、結果的に体重増加を防止する助けにもなるのです。

米国では大人の69パーセントが肥満であるという報告もあります。肥満は病気につながり、具体的には冠状動脈性心臓病、高血圧、脳卒中、タイプ2糖尿病、ガン、睡眠時無呼吸症候群や他の健康問題に影響していくのです。

■短時間睡眠は代謝を下げてしまうことは実証済み

実験で、21歳から50歳までの36人の健康な大人に、2日間は通常どおり眠ってもらいました。次に、2グループに分けました。

(1)25人:5日間、4時間だけ眠ってもらい、次の日は12時間の回復睡眠を取ってもらうグループ

(2)11人:6日間、毎晩ベッドで10時間寝てもらうグループ

その後、代謝率、リラックスした状態、1時間あたり使われる酸素への二酸化炭素の量の比率、使われるエネルギー量の基準などを、測定しました。

睡眠時間を変化させた25人は、代謝率は5日目の夜の後減少して、回復睡眠の後ベースライン・レベルに戻りました。代謝率の変化は、毎晩10時間睡眠をとった11人では観察されませんでした。

数々の実験や研究から、不眠と健康の関係や、睡眠不足とダイエットの関係が判明したわけです。健康志向の人が多い日本人ですが、まずは睡眠の質を改善する取り組みをするべきではないでしょうか。

(文/和洲太郎)

 

【参考】

Eating less during late night hours may stave off some effects of sleep deprivation-Medical Xpress

関連記事