年に3日?恐ろしいほど時間がかかる女性の服選び実態が明らかに

  • LINEで送る
2015.07.18

shutterstock_189552419

服を選んだり、お化粧をしたり、ごはんを食べたり……。女性の朝は毎日バタバタですよね。特に「今日はなにを着ようかな」と、洋服のコーディネートに悩むことはありませんか?

毎日同じ服で出勤するわけにはいかないし、デートの服選びは絶対に失敗できないし……。またその日の天候や気分によっても、服のチョイスが変わるので、服の選択には時間がかかってしまうもの。

それでは実際、どれくらい時間を使っているでしょうか? 数字にしてみると、ちょっとビックリします。

■女性は服選びに1年で3日間を費やしている

英国のユニフォームサプライヤーの『サイモンジャージ』が、女性2,000人に対して調査を実施。結果、平均的に女性は、服を選ぶのに週に1時間以上を費やしていることがわかりました。

つまり1年間なら3日になり、18歳から65歳までで計算すると、なんと5ヶ月も服選びに使っていることになります。日々の洋服の選択に、これだけの時間がかかっているとは驚きですね。

またその日の洋服を決めるのに、仕事がある朝は約12分、週末の朝は10分かけているそう。さらに夜出かける前には、約27.5分間も費やしていることがわかりました。

■毎日の服選びにストレスを感じている人も!

同調査では、3分の2の女性が、外出前に複数の洋服を試していると回答。そして約15%の女性が選択した服に後悔し、家に戻って違う服に着替えたことがあると答えています。

さらに、なにを着るかに悩み、仕事に遅刻した経験がある女性が約25%もいることが判明しました。

パパっと決められたらいいですが、仕事に着ていく服を選んでいるときはいろいろと考えてしまうもの。

37%の女性は、選んだ服が職場に適しているのかどうかに悩み、ストレスを感じると明かしています。他にはドレスコードや天候、見た目に関してや、自分に似合っているかも不安になるといいます。

これを『サイモンジャージ』は、制服があることで時間も節約できるうえ、ストレスもなくなるだろうと結論づけています。たしかに学生のように制服があったら便利だな~と思ったりしますよね。

女性にとって、着る服はその日の自分のテンションを左右するくらい重要なこと。だからこそ、服選びに悩む気持ちも理解できるはず。

とはいえ、忙しい朝はゆっくり服を選んでいる暇はないもの。前日に着る服を決めておくなど工夫をして、支度の時間を短縮すると良いかもしれません。

(文/椎名恵麻)

 

【参考】

What to Wear? Women Spend Months Deciding-Newser

関連記事