ひと口飲んだらすぐに酔っちゃう!世界で最も強いお酒トップ10

  • LINEで送る
2015.07.24

shutterstock_261395270

「いつもと違ったお酒が飲みたい」「とにかく強いお酒が飲みたい」なんて思うことはありませんか?

気に入ったお酒を飲み続けるのもいいですが、たまには新境地にもチャレンジしてみましょう。

『Daily Entertainment』で紹介された世界で最も強い10種類のお酒は、少し飲んだだけであなたをノックアウトすること間違いなし。

もしも自信がないならば、なにかで割って薄めてもいいかも。お酒好きのみなさん必見、世界のエキセントリックなお酒をみてみましょう。

■10位:エリクサー(度数71%)

はじめにご紹介するのは、18世紀にフランスの修道士によってつくられた「エリクサー」です。

度数は71%で、世界でも最も強いお酒の一種として分類されていますが、ストレートで飲むことが可能です。130種類もの厳選されたハーブ、花、草木が含まれているため、とても甘く、カクテルの甘さをさらに引き出すために用いられることもあります。

■9位:アブサン(度数45~74%)

今回紹介するお酒のなかではいちばんポピュラーなはず。鮮やかな緑色で有名なこのお酒は、少しの量でも間違いなく充分な刺激を得られます。

おもにヨーロッパで製造されており、45~74%のアルコール度数にも関わらず、より高いアルコール含有量のお酒と一緒につくる製造者もいます。

■8位:バカルディ 151(度数75.5%)

こちらは、例えるならば海賊が勇気を奮い立たせるために飲むようなお酒です。その強さは、チェイサーなしで飲む人はまずいないといわれるほど。

さまざまなジュースで割るのが人気だというのも納得です。なお名前は、アルコールプルーフが151(度数75.5%)であることに由来しています。

■7位:デビルズ・スプリングス・ウォッカ(度数80%)

こちらのお酒には相当な効き目があり、ショットで飲むべきではありません。ジュースで割っても快適に飲める保証はないといわれているほどで、度数は80%。たしなむ程度にお酒を飲む人には近づかない方が身のためです。

■6位:ストロー80(度数80%)

おそらくラム酒のなかではいちばん有名なのではないでしょうか。「ストロー」はオーストリアのラム酒ブランドで、その歴史は180年前にまで遡りますが、現在最もメジャーなのがこの「ストロー80」です。度数は80%。

カクテルに使用されることがほとんどで、ストレートで飲まれることは珍しいこちらのお酒。実はお菓子によく使われることでも知られています。オーストリアに行ったなら、ストロー80が使用されたたくさんのお菓子に出会えるでしょう。

■5位:バルカン176・ウォッカ(度数88%)

こちらは度数88%、バルカン山脈の天然水を使用してつくられ、3回蒸留された高級ウォッカです。多くの場合、カクテルのスーパーチャージャーとして使用されており、ストレートで飲むことは考えられません。

飲みものとして提供されているお酒のなかで最も強いものの1つで、慎重に取り扱う必要があります。13個もの健康被害警告がこのお酒には当てはまることに注意しましょう。

■4位:ブリックラディ・X4・ペリラス・スコッチ・ウイスキー(度数92%)

さて、続いて紹介するのはウイスキー。でもただのウイスキーではありません。地球上で最も強いウイスキーです。

伝統的なレシピに基づき4回蒸留を経て、10年間寝かされたこちらのお酒は、92%という高度数を誇ります。5000本しかつくられていない貴重な代物です。

■3位:エバークリアー(度数95%)

こちらのお酒は精留酒精、または中性蒸留酒として知られています。

多くのエタノールが含まれており、たくさん蒸留すること(精溜)により精製することができます。精留酒精の一般的な度数は95%。

「エバークリアー」は穀類を原料とした中性蒸留酒の中で最も人気であり、度数は95%、かつては「世界最強の飲みもの」とさえいわれていました。いくつかの国では、このお酒を購入することは違法となっています。

■2位:スピリタス・デリカテソウィ(度数96%)

エバークリアーで満足できなかったあなたは、こちらのお酒を試してみてください。これは市場で入手可能な蒸留酒のなかで最も強いものです。

度数はなんと96%! ほとんどエタノールです。絶対にストレートで飲んではいけません!

■1位:ココロコ(度数96%)

さまざまな種類の強いお酒を紹介してきましたが、最後はこちら、主にボリビアのローカルなお店で見つけることができる「ココロコ」。

たいていは、お店のオーナーが自分で製造しています。サトウキビからつくられ、度数は先に紹介したスピリタスと同じ96%ですが、感覚としてはこちらの方が強く感じます。その強さから、ほとんどの国では違法のラベルをつけられています。

なかには、説明を読むだけで胃がキリキリしてくるお酒もありましたね。健康と取り扱いに注意して、刺激的なお酒の世界に足を踏み入れてみてはどうでしょう?

(文/和州太郎)

 

【参考】

10 Strongest Alcoholic Drinks in the World-Daily Entertainment

関連記事