アメリカで平熱は37℃!日本人よりアメリカ人の体温が高い理由

  • LINEで送る
2015.07.26

shutterstock_259177715

日本人とアメリカ人では、いろいろなことが違いますよね。

外見はもちろん、言語や食文化など、あげたらきりがありません。でも、実は体温まで違うというのですから驚きです。

『爆笑ニューヨークPOWERFUL』の著者で、ニューヨーク在住の竹内玲子さんによると、アメリカ人の体温のほうが高いというのです。

いわれてみれば、アメリカ人って冬でも半そでに短パン、なんだか薄着のイメージがあります。

では、なぜ日本人よりアメリカ人のほうが体温が高いのでしょうか? 竹内さんが、医師に聞いて得た回答をご紹介いたします。

■アメリカ人が体温高い理由は血液が関係

まず、体温はなににいちばん依存するかというと、血液。なんと、この血液の比重が日本人とアメリカ人では違うというのです。

アメリカ人のほうが比重が高く、つまり濃度が高いので、蓄熱量が高いと考えられます。血液の比重というのは、液体と赤血球、その他の血液からなります。

[日本人の正常値]400~500万個/μl

[アメリカ人の正常値]470~510万個/μl

つまり同じ血液量では、アメリカ人のほうが赤血球が多いのです。血液の重さは赤血球がほとんどなので、その分重たいのですね。

整理してみると、アメリカ人の体温は、赤血球が多い=比重が高い=濃度が濃い=蓄熱量が高い=体温が高い、となるわけです。

アメリカ人は、ポカポカと熱を蓄えているわけですから、日本人より薄着なのも理解できますね。

■日本とアメリカで大きく違う“熱の基準”

アメリカ人のほうが体温が高いとわかったところで、アメリカ人と日本人の、熱の基準もくらべてみましょう。

アメリカ人の平熱は、37±1℃。つまり38℃を超えないと発熱はいえません。平熱が日本人より高いならそうなりますよね。

日本人は、もっと細かく分かれています。

[37.1~38℃]微熱

[38.1~38.5℃]軽度発熱

[38.6~39℃]中度症発熱

[39.1℃~]高熱

38℃までが微熱というのもびっくりですよね。筆者の中では38℃ってかなり高熱のうちに入るのですが……。実際、竹内さんのお父さまも36.8℃ぐらいの熱で大騒ぎされているそうです。日本人は体温に対して実際より低めに認識しているのかもしれないですね。

もし今後アメリカで何かしら治療を受けることになったとき、こういった違いを知っておくと便利です。ぜひ頭に入れておきましょう。

(文/猫野うた)

 

【参考】

『欧米人と日本人の体温の違い』記事-竹内玲子オフィシャルブログ

関連記事