普段は見えにくい「たった1分間に」世界で起きている10のこと

  • LINEで送る
2015.07.30

shutterstock_272050766

私たちの時間は有限です。たった1分でも、時間を無駄にしたくないものですよね。

そのためには、1分でなにができるか、世の中でなにが起きているのかを知ることが大切。

そこで今回は『Mirror』の記事を参考に、1分間に自分と世界に起きていることをまとめてみました!

■1:人間の1分

1分間に、呼吸は何回できると思いますか? 実は健康な大人なら、20回は呼吸できます。ちなみに新生児の方が多く、最高は60回です。

同じようにまばたきも、1分間で最高20回行っています。目の表面を潤わせるために、無意識で行っている行為なのです。

話すスピードは人によって異なりますが、私たちは平均150~160語/分(早口な人は180)で話すことができます。ただし原稿などが事前に準備されているとしたら、もっと多く話せるでしょう。

■2:世界の1分

世界のどこかで、1分間に105人が死に絶えています。

そして世界で1分間に生まれる250人のうち、113人は貧しい環境下にいます。

■3:食べ物の1分

イギリスでは、毎分360食ものサンドイッチが消費されています。

しかし消費される食べものが多ければ、廃棄量も膨大。毎分、16,666切れものパンが捨てられています。

加えてパンだけではなく、ミルクやジャガイモも大量に廃棄されています。

またタバコも、世界中で毎分1,000万本が販売されています。イギリスの500,000人の喫煙者は、すでに電子タバコにスイッチしたそうなのですが……。

■4:飲みものについての1分

さらに驚きなのが飲みもの。

スターバックスとコスタカフェのユーザー、お茶好きな人々が集まるイギリスでは、毎分114,583杯もお茶やコーヒーが飲まれています。そのうち48,611杯は豆から挽いたコーヒーです。

そして、お酒好きの多いイギリスでは、1分間で14841杯のビールと13,923杯のワインが飲まれているという衝撃の調査結果が発表されました。

つまり、イギリスでは毎分£30,000(=約580万円)ものお金がアルコールに費やされているのです。

■5:インターネットの1分

世界中で、1分間に204通の電子メールが送信されています。

Facebook上では毎分1,800万の「いいね!」がやりとりされ、Twitterでは1分間に278,000件ツイートされています。

■6:趣味の1分

本は、世界中で毎分15冊出版されています。平均的な人は、300語/分で読み進めていますから、多くの本のなかからほんの一部しか手に取れないということになります。

写真については、世界中で毎分722,504ものシャッターが切られ記録されています。

最近はSNSにアップする場合も含め、ほとんどが自撮りのようですが……。

■7:恋愛の1分

次は幸せな話題を。

プレゼントは、毎分150,184個も贈られています。数字を見る限り、私たちは思ったよりも気前がいいのかもしれませんね。

そして世界中では、毎分59組のカップルが結婚式を行っています。

なお、毎分58機の飛行機が異なる目的地に向かって飛び立っているので、ハネムーンの行き先に困ることはなさそうです。

■8:動物の1分

ロンドンでは、毎分66匹のネズミが生まれます。

ハチドリは4,200回翼をはばたかせ、心臓は最高1,260回鼓動しています。

キツツキは、1分につき最高1,200回木をつつきます。同じ時間でナマケモノは2メートル動きますが、これはカメにも完敗してしまうスピードです。

■9:地球の1分

稲妻は毎分300回も地球を襲っていますし、地震は毎分5回も起きています。

ただし、そのほとんどが太平洋の海の奥底や僻地で起こっているため、大々的なニュースにはならないのです。

アマゾン熱帯多雨林では2000年から、毎分約2,000本の木が切り倒されています。

そして、まさに同じとき、50個ものフットボール競技場が建設されています。

ナイアガラの滝では、夏は毎分約1億8,300リットルが流れ落ち、冬は約1億220万リットルが流れ落ちています。

■10:宇宙の1分

国際宇宙ステーションでは、毎分地球の軌道をおよそ46.5キロメートル回ります。地球自体は、分速1,800キロメートル程度の速さで回転しています。

ものすごいスピードのように感じられますが、太陽系はもっと高速です。というのも、1分で銀河系のまわりを14,000キロメートルも動いているのです。

「1分間」についての時間感覚は、人によっても、その時々によっても変わります。

いま自分が感じている1分と、世界で消費されている1分、動物界の1分など、それらはすべて「異なる1分」です。

こういった事実を知ると、時間を大切にしたくなるはず。「たかが1分」と考えず、有意義な時間を過ごすようにしていきましょう。

(文/和州太郎)

 

【参考】

It only takes a minute: What can you pack into 60 seconds?-Mirror

関連記事